MY Yin Yoga Class

私がYin Yogaのトレーニングを受け、クラスを持ち始めて早4年以上。レギュラークラスでも根強いファンのいるクラスの一つです。

Yin Yogaは深めると経絡へのアプローチにもなりますが、私のレギュラークラスのスパンが2週間に一度ということもあってベーシックで貫いています。今のところ、経絡を学ぶ機会はしばらく得られなさそうなので、いつか。。ぐらいのスタンスで。

Yin Yogaのクラスはとても先生の色が濃く出るものの一つだなと思うことがあります。先ほど述べた経絡へのアプローチをする先生もいれば、メンタルにアプローチをする先生もいる。おだやかに話続ける先生もいれば、シーン・・・っと話さない先生もいる。

自分が好きなスタイルの先生を見つければいいと思います。私のYin Yogaのクラスはただただ静寂の贅沢を味わうクラス。

いつも饒舌な私も陰ヨガのクラスの時は導き終わったら、ひとっこともしゃべりません。

No Music (聴覚を使わない)
No Light (視覚を刺激しない)
No Smell (嗅覚を使わない)
Only water (味覚を使わない)

こうすることで、五感のうちの4つを使わず、刺激せず触覚のみを残して居心地のいい場所を探したら
ゆだねるだけ。

はじめは身体にフォーカスが行きがちだけどまずはそれを手放して。そこからは手放しの段階が始まります。

身体の居心地
効果を気にして深く入りたい気持ち
それを手放したら頭にうかぶ様々なこと

深く受け止めずさらっと手放していく。なにか頭にこびりついていることに意識がとらわれたなら
少しだけ呼吸の音を聞いて深くしてみたり、長さをカウントしてみたり・・・そうしているうちにこびりついていたものは、自分からはがれていく。

からだ
こころ
あたま

どこからもいろんなものがはがれたおちたとき、寝ていないけれど、寝ているような(まぁ、寝ちゃったら寝ちゃっただしw)そんな感覚が訪れます。終わるころには不思議とスッキリクリア。何とも表現しがたいけれど、クリアという言葉がこれほどしっくりくる瞬間はないのではないかと思う、そんな感覚に出会うことができます。

慣れるまで、時間がかかるかもしれない。感覚が変わるまで、葛藤や辛抱と思うかもしれない。でも、この時間が極上に贅沢だと思える自分に出会える時がくる。そんなクラスになるように、陰ヨガをお届けしています。お時間の合うときに、ぜひ体験してみてください。ヒーリングのマントラでお迎えします♪

「あー、なんかスッキリした!」
「寝ちゃったー(笑」

これが受けてくれたみんなから私への最高のギフトです♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!