YOGA

ヨーガスートラⅠー3 その2

またしても掘りすぎて?長文すぎてその2がコンニチハ🤣その1はコチラ。

今回は結構話の途中でぶった切ったので(笑)ここから読んだらなんですか?なので、1を先に読んでねw

無理にとどまっていた私

別にその時、自分で無理にとどまっていた苦しそうな私っとは今でも思ってないけど、でもなんか放出し切れないものを持っていたのはわかる。

もう東京を離れて3年目だけど、かれこれ20年ほど東京界隈にいた私。意気揚々と大学入学と同時に上京した時から会社に入って彼氏もいてってところまではそこそこにここにいる意味みたいなものを持っていた。が、彼氏と別れ、会社を辞め、他人からはけっこう自由奔放?悠々自適?に見えるように生き始めてからはここにいる意味はないんだよなー。でも帰りたくも(地元とかに)ないんだよなーっていう漠然とした感じで生きていた。

途中でヨガに出逢って、さらに哲学を学んでいろいろ掘ってくうちに「ここにいる意味」についてさらに考えていた。ま、でも東京マジック(その辺はnoteに書こうと思うけど)💡時間がない!追われてないとなんか置いてかれてる!まさしくなおさんが言ってたような状態だった。それでも元々アーユルヴェディックに言うと水の要素が強い私。家から全く出ませーん!みたいな自ら電池切れみたいな日をとることでカラダのバランスはとれていたからカラダを壊したことはなかった。何足の草鞋を履いてるのか?と言われるほどいろいろやってたけど、どれもそれなりに楽しんでもいた。でも心から納得できる「ここにいる意味」は見出せていなかった。

さらに、Noahのリトリートに何度も参加して、自分のココロのいろいろな側面に気付いたこともあったけど、私の中で人にはここまでしか話せない、みたいなハードルを下げることはできず、見つけたものも自分の中にしまい込んで噛み締めただけってこともあったなーと。それって結局自分でココロの波を強制的に平坦にしてたってことだ。

自分の本心をさらけ出せた旦那

知ってる人は知ってるが、うちの旦那は私が上京したばかりの頃に付き合っていた人。まだ純粋無垢(だったかどうかは定かではないw)だった頃の私を知ってくれているという安心感と、話せば話すほど私より私のことよくわかってるなーと感心してしまう彼の観察?洞察?力にすっかり安住の地を見た私。他愛無くいろいろ話をするだけで、自分の中の今まで人に言えなかったこととかもぜーんぶさらけ出していた。

ジョーティッシュを見てもらった先生にも言われたが、私と母の間にある問題?のようなものは一生解決しないと。それについての詳細もそれに対する自分の感情も旦那には全て話した。彼は私が親との間に何かそういうものを抱えていることを、昔付き合っていた頃からなんとなく感じていたと言う。まだ私が自覚していない頃の話なのに、なんてすげーこったと思ったわけで。彼はそれを踏まえた上で、それでも親は大事にしなきゃいけないと言って、うちの実家に何度となく足を運んでくれる。本当にありがたいことだ。

私は旦那にそうやって自分の思いのたけを全てさらけだすというプロセスをもって自然にとどまれる状態を手に入れたし、居場所も見つかった。旦那とよりを戻した当時働いていた会社は、私の中で一番ポテンシャルが高く、派遣として自分の存在価値を十二分に認めてもらえるところで、実際社員にならないかという話もいただいた。でも、自分が求めている居場所は旦那と一緒にいることっていうのが揺るがなくなっていたから、惜しくなかったと言ったら嘘になるけど、丁重にお断りしていられるだけ働かせてもらった。

私にとって「どこ」にいるか、より「だれ」といるかなんだってハッキリした瞬間だったなー。

とどまっているってどんな感覚?

これが今回なおさんからの最後の問い。ざっくり一般的な解のひとつは「自然にいられること」

自分の不安要素はちゃんと理解し、それに向き合うだけの時間とココロの余裕があること。うむ、今の私はこれをほぼ満たしているー!

人はよく見てみないふりをする。私もそうだったけど。忙しいという体のいい言い訳を使い、走り続けている。だから急には止まれないし、とどまれない。

今、世界は強制的に「とどまりなさい」「動きを止めろ!」って神が仕向けたかのようにどうしようもない力に言われている。そういう意味では自分の中でとどまるとは何なのかに向き合う、いい時間を与えられたんだと思う。ここでそれにどう向かうかはこれからの自分を大きく左右するんじゃないかな。すでにとどまれてる人は、今更ジタバタしてないだろうしね🙄

ひとりで頑張っていた頃の自分から別にそんなに変わったつもりはないけれど、気持ちのどっしり感は増したかも(笑)最近、Zoomでの交流が盛んになり、カメラ越しではあるけれど久しぶりに顔を合わせる人が多く、そんな人によく言われるのが「表情が柔らかくなったね」「お母さんになったからだねー」と言われるけど、多分母になったからだけではないなと自分では思ってます(事実、まだ👶がおらず結婚しただけの時から同じこと言われてはじめてたし)

ま、結局私的に「とどまっている感覚は?」と聞かれて今の状態を思ってみると「小さな幸せを感じられる余裕がある」感じ!毎日👶がテーブルチェアで寝落ちするところがかわいくて旦那と笑ったりすること。毎朝ちゃんと「気をつけてね」って旦那を送り出して、ちゃんと帰ってきてくれること。そういう当たり前っぽいこと全部幸せだなーと思える余裕がめっちゃある!(笑)ってところですw

まとめ?

あー、また長い長い思考の旅をした!(これを書くのに中断しまくりながらとはいえ1週間かかったw)もう今週末は次のスートラ。次はもうちょっと素早くw旅をしたい。なぜなら録画を見返してもやっぱりリアルタイムの時に思ったこととか忘れてっちゃうから💦

もっと濃ゆく語ってと言われたらまだまだ話せそうだけど、とめどないのでこの辺にしておこう(笑)

引きこもって悶々としているあなた!その悶々をとことん掘ったら逆側?の光が見えるかもよ?一緒にインナージャーニーしませんかってことで5月からの予定も出ました!お仲間募集中❤️
👉『 魂の声を聴く 』ヨーガスートラ 月1回オンラインクラス

気になったら参加してみてね!

※ここに載せた解釈はあくまで私なりの解釈です。哲学に正解はありません!あしからずみんなも自分でいろいろ思考の波をサーフィンしてみてね😀

Tomoko Nakabu Yamada
GītāTomoko
愛知県、知多半島在住。 大学進学と共に上京し、約20年東京で過ごしたが、結婚を機に離れる。現在は主婦? 新卒で入社した会社は某電気メーカー子会社で半導体論理設計エンジニアとして開発業務に励む。社会人生活15年で7社を渡り歩き、さらに副業を掛け持ちしていた異色の経歴を持つ。2009年よりヨガインストラクターとしての活動をはじめ、現在もオンラインを中心に指導を続けている。 2019年に長女が産まれ、育児奮闘中!
\ Follow me /