Mama & Maternity Life

名前

もう👶が産まれて早いもので3ヶ月以上たち、ある意味振り回されている毎日でこの3ヶ月は1年ぐらい経ってるような気がするといえば気がするし、まだ👶がいることが新しいことのような気もする今日この頃です。

そんな中で今日は「名前」について書き留めておこうかなと。👶が産まれるってことは当たり前ですが名前をつけなければいけないわけで(笑)けっこうギリギリだったけど、考えましたよ!「名前」はその人にとって一番はじめに与えられるマントラであり、親が子供に想いや願いを込めて送る言霊だと思います。

マントラについて詳細語ると長いので、ここでは簡潔に説明?すると
「mananāt trāyate iti mantraḥ」
簡訳)心をそこに傾けると守ってくれるもの、それがマントラである

名前とは一生その人についてまわるもの。(まぁいろいろな紆余曲折で変える人や途中で使わなくなる人もいるけれど)私の本名「友子」は親が友達がたくさんできますようにとつけてくれた名前。幸い私はその名前に込められた願いの通り?友達は多い方だと思うし、友達という関係においてそこまでのトラブルに見舞われることもなく生きて来ました。「○○子」という名前が全盛期だった時代の単純な名前だけど、いい名前をつけてもらったなと思っています。

私たちが娘につけた名前は「怜叶(れいか)」です。「令和」という時代が始まった年に産まれたので、同じような名前がいるかなと思ったけれど、命名ランキングを見てると今時はそういうのにあやからないみたいw名前被りが少なくてありがたいけど。

ちなみにこの子の胎児ネームは「れい」みんなには「れいちゃん」って呼ばれていました。私はお腹でモニョモニョするから旦那と話す時は「もにょり」と呼ぶことが多かったけど(笑)胎児ネームは私のマントラの師のひとりであるこまよにつけてもらった(本人に聞いてもらった?)のだけど、私的には「れいちゃん」は呼びにくかったのでそれを活かすかどうかけっこう悩んでました。でも、よく考えるとうちの夫婦は「ちゃん」付けで呼んだりしなさそうだなっていうところから「れいちゃん」が呼びにくい論から考え直すのをやめました。

「れい」の母音は「E(え)」と「I(い)」意思を貫くけっこう強い力をもった音です。ここに加えたい母音は何かな?って思った時に浮かんだのは「A(あ)」でした。なので、「アカサタナ〜ハマヤラワ〜」って当てはめてしっくり来たのが「れいか」でした。

あとはアルアルですけど、名前の画数占い的な(笑)そこに候補の漢字を入れて確認しまくりましたねw親との相性までご親切に見てくれるサイトとかあって。便利な世の中です🤣最後、候補に残したのが「怜叶」と「莉叶」どちらも「れいか」と読めるんです。このふたつに絞って出産に臨みました。あとは顔見て決めようって。

「怜」には「心(りっしんべん)が澄み通る、知的」という意味が。「莉」にはジャスミンを連想させる字ということから「かわいらしい、愛らしい」という意味がありました。そして「叶」はこの漢字が「か」と読めると気づいた時から(画数的にも良かったので)使おうと思っていました。読んで字の如く、「叶える」力を持つ子でありますようにと。

ま、顔見て決めたのが最終的に「怜叶」だったわけですが。そこは直感ですw「莉」という字は女の子らしくてかわいいなぁ❤️っと思ってたけど、そこは「男らしさ」の数字をもち、「カッコイイ」が大事なキーワードな私が選ぶと最終的に「かわいい❤️」にならなかったようです(笑)あとは「りか」ちゃんなどの読み間違いされそうっていう単純な要素もあり。

心澄み渡り、自分の願い、意思、他人の願いも叶える子でありますように✨そんな願いのこもった彼女の名前が人生を豊かに照らし、導き、守ってくれますように。

名前という一番身近にあるマントラ、こうやって名前をつけるとか、なんかきっかけがないと自分の名前すら振り返る機会がないですが、ふとした時にその名前に込められた想いに触れてみるのはいかがですか?

Tomoko Nakabu Yamada
GītāTomoko
愛知県、知多半島在住。 大学進学と共に上京し、約20年東京で過ごしたが、結婚を機に離れる。現在は主婦? 新卒で入社した会社は某電気メーカー子会社で半導体論理設計エンジニアとして開発業務に励む。社会人生活15年で7社を渡り歩き、さらに副業を掛け持ちしていた異色の経歴を持つ。2009年よりヨガインストラクターとしての活動をはじめ、現在もオンラインを中心に指導を続けている。 2019年に長女が産まれ、育児奮闘中!
\ Follow me /