BLOG

光と影

久しぶりに、わが師Emma jiのブログを見に行って
マイペースに毎日を大切に過ごしているのを見て、素敵だなと思う。
自分がしたいと思う生活じゃなくても、その人が充実しているのが
伝わると、それは自然にすてきだと思える。
そんなことを考えながら
私は「人を否定しない人」を師に選ぶのだなとふと思った。
最近、月イチヨガ部のお題もそうだけど
物事の光と影についてよく考える時間がある。
スポットをあてれば、それは光であり、そのとき裏になる部分は
自然と影になる。
自分がいいと思うことを、自分がやるにはいいのだけど
人に押し付ける人がよくいて(笑
おせっかいだなーなんて。内容が私にとってゆるいと思えるものなら
笑って済ませられるのだけど。
でも、自分が仕事をするとき
「0」なのか「1」なのかがすべてを左右する世界で仕事を始めた私は
仕事の中で「べき」論を持っていて
でも、その私の中の「べき」論はあくまで私の定規であることを
忘れて、人を批判してしまう瞬間を感じる。
そこで、批判をしないようにするために
「不感症」のようになる。そこに興味を落とさないことを選択するときもあって
それが人を傷つけたりするときもあるのかもしれないと思うと
この世に存在する、光と影は私にとって永遠に課された課題なんだと
思ったりもする。
だからこそ、自分がやりたいことをやりつつも
他の人に何かを押し付けることもなく、否定もせず
ただシンプルに輝く人を素敵だと思うんだなと、気づいた。

Tomoko Nakabu Yamada
GītāTomoko
愛知県、知多半島在住。 大学進学と共に上京し、約20年東京で過ごしたが、結婚を機に離れる。現在は主婦? 新卒で入社した会社は某電気メーカー子会社で半導体論理設計エンジニアとして開発業務に励む。社会人生活15年で7社を渡り歩き、さらに副業を掛け持ちしていた異色の経歴を持つ。2009年よりヨガインストラクターとしての活動をはじめ、現在もオンラインを中心に指導を続けている。 2019年に長女が産まれ、育児奮闘中!
\ Follow me /