阪神・淡路大震災20年に寄せて

今日で阪神・淡路大震災から20年。
今日のクラスはみんなで一緒にShantiをチャンティングしました。
出身地はどこ?っと聞かれると悩んでしまう私ですが
今となっては一番長く過ごしている東京、横浜界隈を除き
私が「育った」と言える一番長く過ごした街が神戸でした。
私が神戸を離れて2年弱。この災害は起こりました。
愛知県にいた当時、自分もけっこうな揺れを感じたけれど
まさか、神戸の街がこんなにも大変なことになっているとは
思いもせず、ニュースを見た時の衝撃と母の驚いた声が
今でも忘れられません。
私が住んでいた北区はそんなに被害は大きくありませんでしたが
それでもライフラインは全滅。
通っていた中学のあった東灘区はかなりの被害があり
2週間後にやっと連絡のとれた友達から
友達の家族が亡くなった話や、学校の校庭が自衛隊の基地に
なっていることを聞きました。
いてもたってもいられない気持ちでしたが
当時、自分は高校受験の真っただ中。
神戸から遠く離れた自分の周りの時の流れは待ってくれません。
まずは自分が高校生にならなきゃ!ちゃんと。
春休みになったらボランティアとか?っと考えたりもしましたが
高校受験の時期が遅い愛知県では春休みはそんなに長くなく
未熟な自分に何ができるのかもわからず
もどかしい気持ちを抱えたことを覚えています。
自分が大人になり、それなりに安定した現在。
当時何もできなかった分、せめて自分ができることをと思って
今はYAM東北の活動に参加しています。
実際に現地にボランティアにいくことは難しくても
自分にできることで、震災のことを風化させず
今、生かされていることへの感謝を忘れず
日々生きていきたいと思います。
今年はまだ行ったことのないルミナリエでも
いってみようかな~!だいぶ先だけどorz
今日、祈りを捧げた人たちの優しい気持ちが
今まだ苦しんでいる人たちに届きますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!