FLOW ARTS Yoga

はじめてのギータ FATT Level2 4日目

いよいよ折り返しも過ぎ、快適に過ぎてゆくインド生活(´▽`)
この日は朝イチEmma先生のヒップオープニングクラス。
前日のマッサージでほぐれてきた体が
気持ちよく開いていきます~~♪
この日の朝ごはんはカウンターでオーダーだけして
お部屋に持ってきてもらうようにお願いして。
立派なルームサービスですよぉ~www
しかも、ブレックファーストセットみたいなのにして
ちょっと奮発した150ルピー(でも所詮300円w)
のんびりお部屋でシャワーを浴びて
ご飯を待って♪
今更ながら写真とっとけよ(笑
な、オムレツ付朝ごはんでした( ̄▽+ ̄*)
この日から座学はバガヴァッドギータに入りました。
スートラはいろんなところで勉強してきたけど、
ギータは今回初めて。
予習ができたらと思って
india4-1
これをヨガフェスで買っといたんだけど
物語の背景を読んだところまででまんまと止まってましたorz
肝心の深いところが全然読めてなかったけど
Mukesh先生の話のおかげで言いたいことは捉えられました。
質問攻めにしてたら時間はあっという間に過ぎて
12時半までの講義がすでに12時50分(;’∀’)
どんだけー(笑
でも、それだけみんな夢中だったってことです。
次のコマを少し遅らることにして軽いランチです。
コテージのサラダをみんなからちょいちょいつまみ食いで
もらってたらおいしかったので、この日のランチはグリーンサラダ(`・ω・´)b
生野菜に軽くドレッシングみたいなのがふってあるんだけど
仕上げにライムを自分でかけていただきます。
生野菜洗うのに水使ってるから・・・
大丈夫??と思うかもしれませんが、全然平気でした!
この日の教える実践の時間は
Emma先生につきっきりアジャスト(;´Д`)
きんちょー!!!
だけど、ほめていただけました(^_^)v
ε-(´∀`*)
今回Yogic Artsチームもかなりいたので
「Yogicの子はやっぱりアジャスト上手ねアップ」ってな具合に
間違えられましたけど!?
(Yogic Artsはタイマッサージの要素が入っているため
みんな身体を触るのが上手でアジャストやマッサージが
絶妙なのでございます)
私もいつか。。。お金に余裕ができたら
TT受けたい・・・かもしれないけど
受けてませんので―(笑
あしからず。
インド政府公認講座のほうも
この日からギータ。
LV2の講義よりもさらに深く入って行きます。
LV2の講義で外枠をなめていただけのものが核心に。
学習欲が更に増してゆきます↑↑
ギータは歌って語り継がれてきたもの。
この日はMukesh先生が第一章を歌ってくれました♪
13分の超大作!
ステキでした☆☆
ボイスレコードもそうだけど、なぜかMukesh先生撮影会になったので
パシャっとな。
india4-2
いつもいつもこの白の正装で、そして笑顔で私たちに
深いことをわかりやすく語りかけてくれる素敵な先生です。
この日はコテージでみんな揃って夕飯。
悲しい出来事でインドに来ることができなくなった
Level1の4期生、あいりちゃんのお誕生日だったので
みんなでその日をお祝いしながら、わぃわぃ楽しい夕食になりました。
india4-3
あいりちゃんを囲んだ4期生+α
残りはこっちでパシャっとなカメラ
india4-4
ちょっと遅れてはじめたサットサンガでは
ギータについて学んで、考えたこと。
「見返りを求めない行動をすること」
これはのちにカルマの話のときにも深く絡んできますが
見返りを求めるから、沸いてしまう感情があることは
私自身感じたことがあったけれど、
わかっていても、期待してしまうのが人ってもんで。
実践はなかなか難しいです。
でも、全然知らない人、わかってない人よりは
無駄な苦労をしないだけの思考回路を備えられている分だけ
幸せなんじゃないかと思います。
サットサンガの中で具体的な自分の周りのことに
あてはめることを考えてみたら
少しずつ自分の中でギータの教えが分解され
理解に繋がりつつあるのを感じることができました。
やっぱりサットサンガの時間は貴重です!
この日はわりとつつがなく終了でした~~zzz

Tomoko Nakabu Yamada
GītāTomoko
愛知県、知多半島在住。 大学進学と共に上京し、約20年東京で過ごしたが、結婚を機に離れる。現在は主婦? 新卒で入社した会社は某電気メーカー子会社で半導体論理設計エンジニアとして開発業務に励む。社会人生活15年で7社を渡り歩き、さらに副業を掛け持ちしていた異色の経歴を持つ。2009年よりヨガインストラクターとしての活動をはじめ、現在もオンラインを中心に指導を続けている。 2019年に長女が産まれ、育児奮闘中!
\ Follow me /