月1ヨガ部 ”自分を信じること”

今年最後のヨガ部は”自分を信じること”
またデカいのでたよ。

きっかけは”Śraddhāsūktam”というマントラにある
”Śraddhā” 強い信仰や、確信
という言葉から。

「信じる」という日本語のもつニュアンス
他の言葉で表現してみたり、
信じる対象である「自分」とはなんなのか
じゃー、信じる対象の「自分」と信じているほうの「自分」は
一緒なのか、別なのか?

与えられるお題によって、
考えた内容によって、ハッキリと「自分を信じている」と言えてみたり
あれ?ってなってみたり、かなり翻弄?!されたような・・・

また、いつから自分が信じられなくなったのか?
それを思い出すために、忘れた自分を思い出すとか
え?忘れてるんだから、思い出せなくない??みたいな
面白い宿題があったりもして、
今までの自分の変化にじっくり向き合って、思い出して
かなり充実していた。

結局のところ「自分を信じている」ことがなんなのか、
それを決めることすら自分であることはわかったけど
それが時によって変わることもわかって
今は・・・好きなことしてるし、なんとなく信じてるようです?

ま、そんなに簡単にわかったら
幸せなのかもしれないけど、平坦な人生になってしまうかもしれないし
自ら学ぼうとしなくなってしまうかもしれない。

だからそんなもんでいいんでしょう(笑

次回は今年最後のイベント、クリスマススペシャル企画が待ってます。
自分がもらってきたギフト、役割を見つける。

かなり楽しみです♪