Yoga for Grownups

Maria Kirsten Yoga Therapy 3Days WS

この週末はRYT200のときもRYT500のときもお世話になった
Byron Yoga Centreの解剖学の先生、MariaのヨガセラピーWS3日間に参加していました。
今までヨガセラピーのWSをしに日本に来ていたのはJudy Cruppという先生だったんですが
MariaはJudyの愛弟子だそうで。
いつか受けてみたいなーと思っていたヨガセラピーの講座でMariaが来日するなんて!
行かないわけないわーってことですよw


 
表現方法がとても独特で、一般の方にいかにヨガを役立ててもらうか
どうしてそのポーズをとるのかを自分で考えてもらえるように導くことの
大切さを教えてくれた大好きな先生です!
 
Coolな雰囲気を持っているけど、時にファンキーに(笑)
時に情熱的に!!更にとっても慈愛に満ちていて、謙虚な人です。
今でも十分では?っつーほどの知識をもっているのに
今は作業療法士になるべく、大学で学んでいるという・・・@@
勉強熱心なところを本当に尊敬します。
 
そして、独特な表現方法とは
「目の前にう○こがおちてると思って、顔を遠ざけて」っとか(爆)
「ち○びに鈴つけて鳴らすと思って」っとか・・・ははっ
ぷぷっと噴出しそうになりながらも、わかりやすい。
そして、カラダの使い方を赤ちゃんに例えるときになりきってみたり
変顔を平気でするシュールなMaria。
 

左がMaria。そして、右がこれまたRYT200のときも500のときもお世話になった通訳のEmiさん。
 
弾丸トークでしゃべりつづけてくれて
充実の3日間、あっという間でした。
 
3日間という短い時間と、28人というスタジオつめつめの講座でしたが
ヨガセラピーに役立つヒアリングの練習をしたりしたせいか
なんだか不思議にまとまって、新たなつながりもたくさんできました!
 
まだまだMariaから学びたいことたくさんあるなーと思いましたが
それはまたの機会に。
今回学んだことをクラスに活かせるように
そして自分のカラダのことを更によく見つめて、うまく伝えられるように
自分のなかに落とし込みたいと思います。
 
I’m looking forward to see you again and I want to study more from you!
Thank you, Maria. Love you~~