BLOG

2018 HONEYMOON Day4

2018年8月14日

@フィレンツェ

名残惜しいけれど、3泊のフィレンツェ滞在はおしまい。一番名残惜しいのは、最後の日の朝ごはん食べられなかったことかも(笑)8:55発の飛行機だったので、8時前には着いていたいよね。。ってことで、30分ぐらいかかるバスと雨なのを見越して7時のバスを目指してチェックアウト。朝ごはんは7時からだから食べられなかったんだよねー(泣)


これは前日にとったフロントのおじさんとホテルの入り口。毎日綺麗にしてくれて、快適なホテルでした♡また来れたらここがいいなー♪

早めに着いた空港で、ひとまず困ったのはイベリア航空のカウンターがない!!ただ、vueling航空とのコードシェアなのは分かっていたので、ここでいいのかなー?ってな具合で黄色い(イベリアは赤い)vuelingのカウンターに行ってみたらご名答✌️無事にチェックインできてホッと一息。
エスプレッソーの本場イタリアで、でも頼み方がよくわからず、ビビってコーヒーをホテル以外で飲まなかったので、最後の悪あがき(笑)エスプレッソとカプチーノを頼んでみた。


illyって!日本にもあるがなw


雨の空港を見ながらしっとり。雨に降られたのは、後にも先にもこの日だけ。傘を持ってなかったので助かった(笑)ホテルからバス停まで近かったので、スーツケースをひいてダッシュ!!ちょっとタオルで拭けばOKぐらいだったので。

BYE BYE ITALY!また来るよ♡

@バルセロナ

こじんまりしたフィレンツェの空港から、バルセロナへ移動!飛行機で2時間弱。近いね!バルセロナの空港は馬鹿デカイ!Gateは一体いくつあるんだか。。。あまりのでかさにしばし唖然(^_^;)旦那と2人で「なんじゃーこりゃっ?!」てびっくりするw


着いたのは確か、、、B44ゲート。お隣がB46になってるけど心配せんでもB45は向かいにある(笑


歩いても歩いても歩いても・・・どこに着けるんだろう?ぐらいの距離wやっとこ出口までたどり着き、荷物をとり、外に出てもデカイw電車とかよく調べてなかったし、ホテルがそんなに遠くなさそうだったのでタクシーでホテルにGO!

15分ぐらいでホテルに到着ー。ヒルトンバルセロナ。嬉しくてヒルトンのロゴが見える建物の写真を撮ったハズなのに、なぜかないw部屋はこんな感じ。


結構改装したばかりなのか、クローゼットの扉とか超おしゃれで写真撮ったつもりだったけど、それも見当たらないw悔しいので、エントランスすぐのラウンジ兼バーカウンターのおしゃれなところを(笑

ホテルでちょっとばかしゆっくりして、お昼ご飯も探しながら夕方に塔に登る予約をしておいたサグラダファミリアへLet’s GO!ホテルはSants駅というかなり大きなターミナル駅まで歩いても15分ぐらい。最寄りの駅はMaria Cristina。そこからなら5分ぐらいかな。最寄りの駅までの説明をよく読まず、Santsが最寄りだと思って地図をみて歩き出したので、最寄りの割にはなかなかつかないね、、ってなったんだけど、のんびり夫婦お散歩でちょうどいいかぐらいのマイペース(笑)特に気にならず歩いちゃいましたw

渡航する前のイメージではスペインが一番治安悪い?っと思っていたので、ドキドキ周りを警戒しながら😝結果、全行程で一番治安が悪い雰囲気だったのはパリだったけど。で、バルセロナの公共交通機関はTMB10回券ってやつを買って乗りました。市内のかなりの範囲が一定料金らしく、地下鉄、バス、トラム、etc…なんでも乗れる、しかも、1人が改札通ったら、その券を後ろに渡してもう1人通るのもアリ!すげー!ってことで10.2€でそれ買って、2人で使いました。滞在中は残り回数の見方がわからず、一生懸命、今何回乗った?って数えてたけど、どうやらチケットの裏にちゃんと記載されていたようだw

初めてSants駅を使った時は、地下鉄のちっこい出口から入ってって、全然人がいないちっこい改札から入ってったからそんなに大きい駅だと思っていなかったのだけど、次の日バスツアーで外から見てみたら、たまげるほどデカイ駅だった(笑)その写真は明日w

@サグラダファミリア

Santsの駅からサグラダファミリアまでは乗り換えもなく、1本簡単到着♪駅の名前もサグラダファミリアだから迷子にならない(笑)駅を出ればすぐに飛び出る世界遺産。圧倒されます。

写真を撮るのもそこそこに、とりあえずお腹空いてたので食べれるところを物色。ヨーロッパってオープンカフェ好きよね・・・

どこ行っても外に席がある。そういうところで食べるのは苦手なので、サグラダファミリアが見える場所にあるケンタッキーへ(笑)もっと現地でしか食べれないとことか調べていけよ!って感じなんだけど、保守的なんです(特に旦那がw)セットで頼んだら普通の飲み物がデカイよ!


日本のメガサイズぐらい?2人で一個でも飲みきれなかったかもぐらいの量でしたとさ・・・。

とりあえず食べて一息ついたら、さぁ、写真を撮るぞー!!現状サイズですでに圧倒的な存在感。まだ作りかけですから、クレーンとかがあるところがリアル。


とにかく、どこの角度から見ても彫刻等々すごすぎて、シャッターを切りたくなってしまう。ずっと見ていても飽きない素晴らしい建造物です。中に入ったらこれまたすごく感動するんだけど。その写真はあとで。ゆっくり写真を撮りながらぐるりと周りを一周。ただただ、「すごいなー」っていう言葉しか出てこなかった。

この日予約していたのは生誕のファサード(Nativity façade)ガウディが生きているうちに完成した正面側の方です。せっかく行くのだから、多少💰がかかっても、両方登りたい!と思っていたので、1つは夕方(とはいえ、昼が長すぎるヨーロッパでは普通に真昼間)、1つは午前中にしました。この日は18時半の予約で、入れるのは15分前から。入り口にいる警備のおっちゃんの側にいれば、何分の人、入っていいよーって言ってくれる。15分刻み。入ったら、ひとまずオーディオガイドを取りに行き(ここの入り口のおねーちゃんが無愛想で、言ってることがよくわかんなかったら、舌打ちされて感じ悪かったんだけど、結構な人がわかってなかったから、お前の言い方が悪いんだよ💢って思ったけど、中のカウンターの人たちはいい人だった)ひとまずタワーのエレベーターの場所を確認。それから少しだけ中を見た。

日本の遺産(特に壁画や襖などを含むもの)はフラッシュなどで痛んだりするし写真に撮ってはいけないことがほとんどだけど、ここは写真撮り放題。現役の教会だから、厳かな雰囲気を汚すようなことさえしなければ、の話だけど。そこは一般的マナーのレベル。美しいステンドグラスに目を奪われる。外から見てもすごかったけど、中から見るともっとすごい。ナウシカの腐海の地下にいるようだった。幹の造りとか、ほんと、まさしくそういう感じ。(あとでトリップアドバイザーとか見ると、同じこと思ってる人多数ww)

入ってから、タワーに登れる時間まで、オーディオガイドもらいに行って、うんたらしてるとちょっとしかないので、ほんのチラッとだけ見たらまずは登りに行きますよ♪6人ぐらいしか乗れないエレベーターで登っている間に軽くタワーの説明をしてくれて、タワーが狭いから一方通行、二股に分かれるとことかもあるんだけど、どっちかしか行けないよっと説明があり。チーン!じゃ、いってらっしゃーいって。50mのところまで登れます。そこからちょっとだけ登ってあとはひたすら降りる!せまーい螺旋階段を降りるので目が回る(笑)バルコニーからはこんな景色。


覗きこめば、真下の公園が見えます。


けっこう覗きこめるけど、うわーってなるぐらいの絶壁感。高所恐怖症の人は絶対ダメなやつw


途中ではこんな工事中オブジェとかもたくさん見れます。下から見るとちょっとしたもんなんだけど、近いとデカイ!


だいぶ降りてきて、池が近くなってきた!


こんなにクリックリです。滑り落ちないように足元ずっと見てないと危ない><


目が回る螺旋階段が終わって一息ついたところで見えるのは、ステンドグラスからの光が綺麗に映った建物内側のバルコニーみたいなところ。


他にもステンドグラスはたくさん!陽の光を浴びて、建物の中を美しく彩ります。

完全に降りてきたら、あとは自分でフリーツアー。オーディオガイドがとても充実していて、各場所に振られた番号に合わせて再生していきます。言語のバリエーションも豊かで、もちろん日本語版もアリ。全部聴きながらゆっくり回るとあっという間に1時間。18時半ぴったりに塔に登って、そこからあーでもこーでも言いながら降りてきて多分30分ぐらい。そのあとに回っていたら、気づいたら閉館時間(8時)になっていた!!夢中で聞いてて気づかなかったー。歴史から今までずっと継がれてきた想いなどなど、どの話も興味深く、とても楽しかったです。この日はショップに寄る時間がなくなってしまったので、明日にお預けしてこの日は退散。いやー2回に分けててよかった!

@バルセロナ(再)

この日は朝早かったし、移動もしたので、早めに退散。帰りはMaria Cristina駅まで地下鉄に乗って帰ってみた!乗り換えしても1時間15分以内なら回数券は1回分でOK。駅を降りるとすぐに”El Corte Inglés”というデパートみたいなのがあったので寄って夕飯を物色。お惣菜屋さんっぽいところでパエリアを発見!すごく陽気なお兄さんが接客してたんだけど、私たちが決めて頼もっかなーってしてるときに、子連れの夫婦が私たちがいることに(多分)気づかず、ちょっと割り込み気味でお兄さんに絡み始めた。お兄さんは私たちに気づいてくれてて、私たちの方が前から悩んでたの見てたから、「どうする?」みたいな感じで視線をくれたのだけど、時間がかかったら申し訳ないので「いいよ、そっちの人先どうぞー」って言って待ち始めた。そしたら、私たちに気づいていない?その夫婦、あれを味見し、これも味見し、これにしようかしら、あ、これも、あー、それは?とかって超時間かかる(笑)お兄さんも苦笑い。ごめんねっていう顔をこっちにしてくれる(笑)待つこと15分、やっとその夫婦がいなくなり、すでに閉店ギリギリになっていた。。。お兄さんが「ごめんねー、どれにする?どこから来たの?」って言うから、「パエリアをおねがーい♪From日本だよ」って言ったらサッカーW杯のあとだけあって、「こないだのW杯での日本はすごかったねー!」って盛り上がってくれた!!ザ!スペイン人って感じの弾丸トークだったけど、とても良い人だった♡閉店ギリギリ(9時)の店を後にして、ホテルの部屋で美味しくパエリアをいただきました!

こんなスペイン初日。