TRIP

2018 HONEYMOON Day1

もういい加減書かないと、どんどんの勢いで忘れてってる?ので、重い腰をあげて。毎日1日分ぐらいずつ・・・?ヨーロッパ新婚旅行のことを書きたいと思います♡今回、実はHIS×ワタベウェディングのセットで安くなるよー新春プラン(笑)みたいなので行ったので、挙式をワタベウェディングにお世話になり、往復航空券&ホテルの手配と旅程の相談をHISでお世話になりました。

今回途中でも話はちょいちょい出てくると思いますが、旦那がスペインでサッカー観たいという希望があり、サッカーの日程が確定するのは10日前ぐらいというカオスな感じで、旅程を完全に詰めてAIRが全部取り終わったのは、多分2週間切ってたぐらいというどーすんのどーすんの?事件のようなバタバタ手配でした(笑)なので、日本ーヨーロッパの往復航空券とホテルの大半はHISにお願いしたのだけど、途中の交通手段の手配はAIRはイベリア航空一本で、鉄道関係はレイルヨーロッパで、すべて自分でやりました。英語でも読めるけど、どっちも日本語サイトがあって助かったー♪ただし、イベリア航空の手配完了の確認メールはほぼ100%届かなかったので、いちいち電話してメールを送ってくださいって。ま、予約完了画面に出てくる番号控えておけば、ログインしてEチケットはGETできるのだけど、心配だったから。

そんなこんなですったもんだ?の旅行記はじまりー!

2018年8月11日

@セントレア

お盆休み本番!
満車予想の出ているセントレア中部国際空港の駐車場に車を停めるべく。。。9:45のフライトで7:45チェックインと言われていたところ6時半に空港に到着!!(早っっ)なぜなら、前の日に駐車場の事務局に問い合わせたところ、セントレアの駐車場は第1、第2がいっぱいになると臨時が開くという仕組み。そして、前日の8月10日は朝7時には第2までがいっぱいになり臨時を開けたとのこと。

じゃー、とりあえず7時前に着けば臨時なりなんなり、、には停められるだろうと。うちからセントレアまでは車で30分。6時前に出発できるようにってことで起床は5時😱キツイー😆

チェックインまで1時間以上時間を持て余し、出発階には座るところが全然ないので到着階に移動してベンチに座ってボー・・・かわるがわるトイレ行ってみたり、散策してみたり。それもすぐ飽きてさらにボー・・・(笑

7時になりdocomoがOPENしたら、海外データ通信の申し込みだけ済ませて、またボー・・・😂ちなみに今回私たちが利用したのは、パケットパック海外オプション。
24時間980円
日本で利用中のデータ量(パケットパックとか、シェアパック)を消費して海外でデータ通信できるプラン。アプリを手動で操作して初めて利用できる。一度ONにすると24時間は勝手に繋がったままになるところがビミョーっちゃ微妙なんだけど、海外用WiFiを別に持って行くとか面倒なことを考えるよりよっぽど良いし(でもみんな持ってくんだねー。イモトのWiFiがめっちゃ並んでた)迷子になったら困る時以外はホテルなり空港なりのWiFiを使うことにしていたのでそこまでベラボーに高くつくでもなく。今回13泊15日で7回使ったので7000円弱。持ってる間ずっと日割りでかかるよりだいぶ安くあがってる。良いチョイスだったと思います。

さ、そんなこんな時間を潰してついにチェックイーン🎫

今回初めてのルフトハンザ航空。(ヨーロッパ航路に乗ることがほぼ初めてなので当たり前だが)初めてのトランジット!あードキドキする!!
セントレアーフランクフルト
フランクフルトーフィレンツェ
のチケットをもらい、ロストバゲッジしないことを切に願って荷物を預けました。

身軽になったので、最後のコマゴマお買い物。液体を入れるジップロック?みたいなやつが欲しかったので、旅行グッズみたいな店で調達。この時に、貴重品入れる腹巻きポーチ?みたいなやつ買えばよかったなーと旅行中は思ってたんだけど、結果何事もなく帰って来た今となっては、暑かったから腹巻き無理だったかも(爆)っていう結論w

海外2回目、しかも前に行ったのは13年ぐらい前?の旦那は液体ケースを見て、「何すんのそれ?」っていうw確かに昔はなかったよねーこーいうの。セキュリティが厳しいのはめんどくさいけど、安全には変えられぬ。今回、セキュリティで引っかかったことは一度もなく。万事スムーズ♪(並んでた列の前の人が引っかかって、全然進まず困ったことはあったけど)

これが乗った飛行機。うちの旦那は飛行機部品を手がける工場にいるので飛行機の機種には詳しい(自分はほとんど乗らないのにw)これは何人乗りだの、新しいだの古いだの、色々教えてくれました。私はマニアではないけれど、昔航空管制官になりたかったこともあり(背が足りない&ビジュアル的にスッチー無理って早々に諦めた矛先がそこw)単純に飛行機が好き♡空港で飛行機眺めてぼー・・・っといくらでもできるし、荷物のタグについてる空港コード(セントレアはNGO、フィレンツェはFLRみたいな)とかに萌えるタイプ(笑

利用客に対してターミナルデカすぎない?!って感じのセントレアだけど、スタバは混んでた(っていうか、ちょっとしたモーニング食べられるかんじの店が他になかっただけだが)

@機内

今回はANAとのコードシェアだったよう。日本便なので、3人ぐらい日本人のCAさんがいて、あとはみんなぎゃーじんさん。

乗ったらすぐドリンクとスナックが出て、そこからランチ。選んだ機内食はこちら。

美味しくいただきました。
朝出て、現地の午後着くっていう昼to昼だけど12時間越えのフライト。映画を見たり、ゲームをしたり、あとは今どこ飛んでるのかとか眺めて時間を潰しつつ、寝る!とにかく寝る!(笑)やっぱり日本便とはいえドイツの航空会社なので邦画は少なく、でも洋画にあまり興味のない(しかも字幕がなーい!しんどいw)私が今回、往復の機内で見たのは、「今夜ロマンス劇場で」と「嘘を愛する女」、「DESTENY鎌倉ものがたり」とあとなんだっけなー?とりあえず邦画って感じw

降りる前に(だいぶ)早い軽い夕食?

これも美味しかった♡

で、トランジットにドキドキしすぎる私(笑)少し到着が遅れていたのでトランジットの時間は1時間ちょっとぐらい。空いてる便だとトランジットだから早めに出るために前にいさせてとかできるってネットで調べてあったので、CAさんに聞いてみたら、今日の便はいっぱいだから無理とのこと。しかもこの便に乗ってる8割(‼️)の人はトランジットで、次の便までに30分とかじゃなければきっと大丈夫とのこと。そうかーフランクフルトってそういうとこなんだな。

@フランクフルト

フランクフルトの空港の地図を見ると、とりあえず迷子になりそうなよくわからんAから??までアルファベットあります?っていうターミナルビル。ま、いざ降りてみたら、とりあえず目標のゲートだけ把握していればその間に入国審査が勝手に出て来て(笑)なんかたどり着けた。下手にトランジットの時間が長くて余裕ぶっこいたり、ウロウロしすぎて迷子とかにならなくて良かったのかも。

この地図はわかりやすいの?にくいの?!
結局自分がどこ通ったかわからずじまいです(笑

あまりに英語ができない旦那は入国審査に怯えて、前に家族セットでカウンターに行った人をみて、俺もついてくーっていうwwwそんなんできるんだと思いながら、できたので私一人が受け答えしてとりあえずPASS。一番最後に出国するまでこの関門がないのがいいねー。今回の旅先はすべてシュンゲン協定国。一度どこかの協定国に入れば、協定国内同士であれば、入国審査はすべてスルー。国内と同じような移動ができる。いいなぁ、そりゃー気軽に隣国へ!とかできるね。

目標のゲートも見えたので、トイレも済ませて飲み物を買って。あーよかった、とりあえず。これで荷物がちゃんと行ってればいいよねーと話して。まだ日本人がちらほら。みんなお盆休みだもんね。

今度はちょっと色の違う?ルフトハンザの飛行機。けっこうギリギリまで乗せてくれなくて、定時運行するのかな?と思ったけど、乗せ始めたら超早い!客も早い(笑)これからの旅でわかるけど、ヨーロッパの人は隣国へ手軽に行けるのもあるけど、国内移動もかなり飛行機を使う。だからなのかわかんないけど、AIR代は刻一刻という表現が的確なほどすぐに値段が変わっていく。日本みたいに早割何日前までーとか悠長な話じゃないんだよね。みんな飛行機慣れしてるなーっていうのが一貫しての感想。

@フィレンツェ

無事にフィレンツェに着いたはいいが、アルアルの荷物が出てこないwひとしきり、荷物が流れ終わったように見えたので、通りすがりの係りの人(っぽい人)にここの荷物はもう終わり?って聞いたら、「Finished!」って自信満々に言うもんで、早速ロストバゲッジなの?!ってなったんだけど、しばらくしてるとまた流れて来て。。オイオイと思ったけど、出て来たからまーいっかって。

2階建のこじんまりとしたこの空港、すでに看板云々がイタリア語オンリー!!出口の看板が読めなくてテンパった(笑)プチロストバゲッジ騒ぎですでに他の日本人はおろか、他の外人さんも全然いない。うーん🤔ってなって、警備員のいる方を通ったら、案の定?止められて、これまた英語が不自由げな感じで、「Cash、Cash」「Cash money」がなんだよ?って感じだけど、旦那が持ってるか?って言ってんじゃない?って言うから、ユーロ持ってるよって言ったら、いくらと聞かれて答えたら「OK,byebye」って。。。とりあえず、もうちょっとわかるように聞いてくれっと思った。一応、10,000€以上を持ち込むのは申告が必要らしく、私たちはかわいく500€しか持っていなかったので問題なし。

フィレンツェのホテルは駅近にしてあったので、タクシーでも良かったけど空港からバスに乗ってみた。バス停は空港出て右の一番はしっこにあって、たどり着いた時に丁度出たばっかり(っていうか出てくとこが見えてた、、けど走れなかったw)で30分待ち。とりあえず海外データ通信をONにして、このバスについて調べる!名前はVola in Bus。値段は6€。

空港に着いたのはなんだかんだで18時半ごろ。19時発のバスに乗ったから着いたのは19時半過ぎ。地図アプリを使ってホテルを見つけてひとまずチェックイン。飛行機の中で早い夕食を食べてから、早5時間以上。飲み物とかも欲しいし、お店が何時までかわからないから、閉まってしまう前に何か買い出しにーってことでスーパー?っぽいところへ。日本のコンビニではないから(当たり前だ!)手軽な軽食っぽい感じのものがあまり売ってなくて。日本と同じようなパッケージされたサンドイッチはどうにも美味しそうじゃなくて悩んでいたところ、前のおじさんがバゲットに生ハム挟んでってオーダーしているのを観察して、そのまんま真似してGET(笑

ここから小麦粉地獄が始まる・・・(^_^;)

とりあえず無事にたどり着いた1日目。ながっ